「ブラックの正反対、「スーパーホワイト」は審査に通りづらい?

ずっと人生を歩んできたなかで、クレジットカードで支払したこともなく、分割で物を手に入れたことも無かったのだが、
いきなりまとまったお金が必要になりカードローンを使いたいなぁ、と考えている「Aさん」という人がいたとします。
このとき、Aさんはキャッシング審査に通過すると思いますよね。
、今まで全然利用してこなかったということはブラックリスト入りすることはありませんし、
キャッシング業者としても安心して融資してくれるだろう、と考えたからだと思います。

ですが実は、Aさんの年齢によって審査結果が異なってしまう可能性があるのです。
たとえば、Aさんが24歳の方{だとします|だったとしましょう。
勤務の年数は1年なので最低条件をクリアしていますし、信用情報{もまっさらで綺麗だ|信用情報がまっさらなのはまだ若いために使ったことがないのだろう、
とキャッシング業者は判断するため、この場合は審査審査に落ちる可能性は非常に高いと予想されます。
ここに、もう一つの可能性があります。
このAさんが32歳になる社会人であったとします。
勤務の年数は10年ありますが、信用情報には一切の情報が記載されていない——。
この場合、前者に比べてキャッシング審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。

というのは、信用情報には「ブラック」と呼ばれる状況|状態の他に、「スーパーホワイト」という概念があります。
「スーパーホワイト」とは、「信用情報に一切の記録が残っていない」という状態です。
審査においては、信用情報に記載された過去の支払状況を基準に「{この人は信用できるのか|貸し付けを行ってもちゃんと返ってくるのか?」ということを判別します。
情報の宝庫であるはずの信用情報に何も書いていなかったとき、「{今までの支払履歴がないのは、
なにかしらのワケがあるのではないか|記録が全然ないのは訳ありなのでは?」と思われ、審査に通りづらくなってしまうのです。

この原因となるものはいくつかありますが、中でも特に疑うのが、
「既に支払事故をした経験があるのではないか?」ということです。
弁護士や司法書士が関わってくる任意整理や自己破産にも、その履歴が記載される期間が存在し、
任意整理なら5年、自己破産であれば最大10年と指定されています。
そして期間を過ぎると、事故の事実とともに今まで記載されてきた信用情報がまったくの白紙になるのです。
もし20歳の頃に自己破産をしていたら、その記載の期限が切れるのは30歳の頃です。
白紙の状態になるといい歳なのに信用情報が積まれていない、とても不自然な状態になってしまいます。
この「{自己破産をして立ち直った状態|事故の記録が消去された状態」と「これまで全然信用を積んでこなかった状態」は、
キャッシング業者にはどちらなのかわかりません。
なので、キャッシング業者はお金を貸すことに慎重にならざるをえないのです。

最近ではクレジットカードの普及などで、
「真っ白な信用情報の人」が少なくなってきています。
なので、利用される回数はあまりなくとも日々の生活の中で信用情報を気にしておくと、
キャッシングの審査にも通りやすくなりますし、将来的に住宅ローンなどを契約する際にも確実に使えますので、
多少はクレジットカードやキャッシングを使って信用を積み上げておくことをお薦めします。

楽天銀行スーパーローン審査はこちら

楽天銀行ローンの審査のポイントだけでなく口コミ・評判や借入限度額、審査時間、融資スピードなどのメリット・デメリットを紹介しています。

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ